厚生労働省が最新データ発表 大卒新卒者の3年以内離職率は32.2%

「すぐ辞めない新入社員探せ」への違和感

電通へ深夜残業しないとできない仕事を要求した会社も公表すれば、長時間労働は減らせる。

新卒社員が3年で辞めるのは悪いことなのか?

「ネガティブで辞めたんじゃありません」という人が増えた気がするというはなし

一昨日のブログがfacebook上ですごい勢いでシェアされていて、昨日のブログのPV数が過去最高を記録しました。昨日一日で普段の4~5か月分のアクセスという凄まじい数字です。
会社のドメイン内で代表ブログとして書いているのに、PVが伸びた記事がマラソンのネタというのは複雑な気持ちでもあります。

 

先日のブログに関しては肯定的な意見が多く「マラソンは自己満足でいいじゃん」というコメントを多くいただいています。
私にとってはこのブログも自己満足です。自分の意見を思ったままに書いているわけですから。マラソンとブログの自己満足はこれからも継続したいと思います。

 

同時に、仕事も私にとっては自己満足の要素が少なくありません。もちろん、お金をもらって成り立つのが仕事ですから、しっかりと価値を発揮しなければいけません。それでも、自分が楽しいから仕事をやっているという部分が私には強いのです。

では、仕事のすべてが楽しいかというと、当然そんなわけはなく、嫌なこともたくさんあります。これはマラソンでも同じで、雨の日の練習とか調子が良くないときの30Km走とかは気乗りしないときもありますし、強いメンバーとの練習では「ついていけなかったらどうしよう」という怖さもあります。全部が全部楽しいわけではないんです。全部が楽しいわけじゃないからこそ、事前に知り合いと練習の約束をして、逃れられない状況をつくって無理矢理練習をする市民ランナーもいるくらいです。

 

マラソンも仕事も自己満足。ということは、結局は生きてること全部自己満足でいいじゃないかと思います。
下手に「社会のために!」とか「人のために!」とか言っている人よりは、「自分が楽しいから」「面白そうだから」「好きだから」そんな理由で色んなことに取り組んでいる人の方が私は話していて楽しいし、一緒に仕事をしたくなります。下手な使命感とかもっている人は苦手です。

 

使命感を持つのも良いことだとは思いますが、変に使命感を持ってしまたばかりにストレスを溜めすぎて、体調を崩す人も少なくないですから。
何をやっても自己満足。他の人に理解されなくて当たり前。それくらいに思っていた方が、楽しく生きられる気がします。

若手社員の定着率にお困りの方へ

入社後5年以内に退職した方々へインタビューとアンケート調査を実施し、退職理由の徹底調査を行いました。
「早期離職白書2013ダイジェスト版ダウンロード」が今なら無料でダウンロード可能です。

ダイジェスト版無料ダウンロード
こちらの記事もおすすめです。