早期離職防止、定着率向上の研修、講演、コンサルティング

作者別: 代表取締役 井上洋市朗

代表取締役 井上洋市朗

株式会社カイラボ代表取締役 「働くすべての人が生きがい、働きがいのある社会」を目指し、2012年に株式会社カイラボを設立。新卒入社3年以内に辞めた人への100人インタビューを行い「早期離職白書2013」を発行。自身も新卒入社の会社を2年弱で退職した経験を持つ。 現在は早期離職母防止コンサルティングや企業研修、講演、高校生向けキャリア教育などを行っている。

研修を修羅場にする

「研修で人材育成が可能なのか?lこれは研修の受講者、発注する立場の経営者や人事担当の方なら必ず考えたことのあるテーマだと思います。それは、講師の立場の私も同じです。いつも研修が決まる前までは「この研修で人材が育つのか?」と考えています。“研修が決まる前までは”と言ったのは、研修の実施が決まればそんな迷いを吹っ切り「この研修で何が提供できるのか?」を考え抜くからです。それでも、私は人材育成の基本は研修ではなくて実践だと思っています。

新卒社員が離職する理由

私が新卒入社の会社を2年弱で退職したのは2010年1月でした。その後、フリーター期間を経て就職した先も1年足らずで退職し、ビジネススクールの運営事務局を経て独立したのが2012年3月。そんな経歴もあって「若者はなぜ辞めるのか?」に非常に興味があって、早期離職者(新卒入社の会社を3年以内で退職した方)への100人インタビューをおこない、まとめたのが「早期離職白書」です。

「新入社員が辞める理由は何か?」というのは、リクルートなど人材系の会社がすでに調査結果を出しています。ただ、自分自身の経験や周囲の話を重ねてみると、どうしてもその調査結果にリアリティがわかなかったのです。そして、100人のインタビューをした結果、私が行き着いた新入社員が辞める理由は大きく以下の3つです。

ブログを移転しました

これまで、アメブロでブログを書いておりましたが、この度ブログを移設いたしました。理由はいくつかあるのですが、日頃ご支援いただいている何名かの方から「自社サイト内でブログをやった方がいいよ」というお話をいただいたのがきっかけです。特に、大きな方向転換があったとか、過去を消去したいということではありません(笑)

今後は、こちらで随時ブログを更新して参ります。これまでと変わらず、読んでいただけましたら幸いです。
さて、せっかくですので簡単に近況を報告させていただきます。最近のカイラボの事業は大きく3つとなっております。