「すぐ辞めない新入社員探せ」への違和感

電通へ深夜残業しないとできない仕事を要求した会社も公表すれば、長時間労働は減らせる。

厚生労働省が新卒社員の3年以内離職率を発表。今年の傾向は?

新卒社員が3年で辞めるのは悪いことなのか?

「ネガティブで辞めたんじゃありません」という人が増えた気がするというはなし

打ち合わせ中に「ひきこもりなどの人を企業に適応させようとする動きと、企業で働く以外のフリーランスの形で自立させようとする動きの2つがある」という話をしたら、出席者の一人から「会社員もダメなのにフリーランスなんてもっと難しい」という発言がありました。

さて、本当にそうなんでしょうか?

打ち合わせ中は本題の話ではなかったので、突っ込んで聞きませんでしたが、私の中では引っかかっています。
本当に会社員よりもフリーランスよりも自立するのが大変なのでしょうか?

会社員とフリーランスや起業家の大きな違いは2つ。

1.毎月安定的に給与が支払われるかどうか
2.就業規則に従わなければいけないかどうか


会社員は基本的に毎月一定の給与が支払われます。一方でフリーランスの場合は自分で売り上げをつくらなければなりません。これは一人で起業した場合も同じです。複数人で起業した場合、自分が営業担当ではないなど当てはまらないケースもあるでしょう。
一方で、会社員の場合は就業規則に従わなければなりません。既定の労働時間は働かなくてはいけませんし、仕事を休む時は有給休暇の届け出が必要です。有給休暇を使い切って欠勤した場合は、日割りで給与が減ることになります。
それに対してフリーランスは基本的に自由です。何時から何時まで働いても構いませんし、いつ休んでも構いません。11月は一切仕事をしない!と宣言して仕事をしないことも可能です。研修講師や税理士など繁忙期と閑散期があるフリーランスの方の場合、閑散期は2週間くらい休みをとっている方もいます。
また、起業家でも一人で起業した場合はフリーランスと同じです。複数で起業すると仲間内でのルールい従うことになると思いますが、会社員のルールよりは緩めになることもあります。


安定した金額が手に入るという点だけを見れば、確かに会社員の方が楽に見えますが、私の様に集団行動が大の苦手というタイプにとってはフリーランスの生き方の方が精神的なストレスを感じずに、自分の力を最大限に発揮できるというケースもあり得ます。
安易に会社員よりもフリーランスの方が難しいと決めつけてしまうことが、人の可能性を奪っているのかもしれません。

若手社員の定着率にお困りの方へ

入社後5年以内に退職した方々へインタビューとアンケート調査を実施し、退職理由の徹底調査を行いました。
「早期離職白書2013ダイジェスト版ダウンロード」が今なら無料でダウンロード可能です。

ダイジェスト版無料ダウンロード
こちらの記事もおすすめです。