「すぐ辞めない新入社員探せ」への違和感

電通へ深夜残業しないとできない仕事を要求した会社も公表すれば、長時間労働は減らせる。

厚生労働省が新卒社員の3年以内離職率を発表。今年の傾向は?

新卒社員が3年で辞めるのは悪いことなのか?

「ネガティブで辞めたんじゃありません」という人が増えた気がするというはなし

あけましておめでとうございます。

 

2015年はブログの更新が滞り気味でしたので、2016年は最低でも月一度のペースでは更新していきたいと思います。「ちゃんとしたことを書こう」と思うがあまり、尻込みしてしまうというのは私の悪い癖です。2016年は改めて「早期離職」について、くどいくらいに同じことを書いていこうかなと思っています。

 

年末に改めて早期離職について考えてみて、これまでの「存在承認」「成長実感」「成長予感」という三大要素の中で出てくる「承認」と「成長」について考えてみました。
この三大要素が早期離職の原因であるということは、人間は誰でも「承認欲求」と「成長意欲」を持っているということでもあります。

そんなことは当たり前じゃないかと思われるかもしれませんが、管理職の方の中には「若い奴は成長意欲がない」とか「仕事で認められたいという意欲がない」という方が多いのも事実です。でも、そういう企業で若手社員の方と時間をとって話をすると「こうなりたい」という成長意欲はありますし、「認められたい」という感情もあります。上司が一方的に「成長意欲や承認欲求のない奴だ」と決めつけてしまっているケースが多いのです。

 

早期離職を減らそうと取組んでいらっしゃる企業の方は、まずは社員に対して「誰にでも承認欲求と成長意欲はある」と認めることから初めてみることをおすすめします。論理ではわかっていても、自分の想い通りに部下や後輩が動いてくれないときに「こいつは成長意欲がない」とか「仕事に対する意欲がない」とレッテルを貼ってしまいがちです。そうした感情が湧いてきたときに「いや、承認欲求と成長意欲がない人間なんていないはず。何か方法があるはずだ。」と思いなおしてみるだけで良いのです。

 

若手社員の定着率にお困りの方へ

入社後5年以内に退職した方々へインタビューとアンケート調査を実施し、退職理由の徹底調査を行いました。
「早期離職白書2013ダイジェスト版ダウンロード」が今なら無料でダウンロード可能です。

ダイジェスト版無料ダウンロード
こちらの記事もおすすめです。