2018年1月17日 若手社員の定着に関する無料セミナー開催

厚生労働省が最新データ発表 大卒新卒者の3年以内離職率は32.2%

「すぐ辞めない新入社員探せ」への違和感

電通へ深夜残業しないとできない仕事を要求した会社も公表すれば、長時間労働は減らせる。

新卒社員が3年で辞めるのは悪いことなのか?

早期離職を考える時の注意点について、あるメディアから取材を受けました。

先方のライターの方の「最近、若いの3年以内の離職率が高まっていて、早期離職自体が特別なものじゃなくなってきていると思うのですが。。。」という言葉を「そんなことないですよ」と否定することから取材がスタート。やっぱり早期離職についてはまだまだ事実よりも思い込みの印象が先行してしまっているんだぁなと実感させられました。
インタビューの内容は4月中には記事なると思いますので、私が話した内容については記事をお楽しみに。

今回インタビューを受けて感じたのは、早期離職に関しては「良いか悪いか」という二元論で語る人があまりにも多すぎるなということ。例えば、一流大学卒で日本の大企業を3年以内で辞めてマッ〇ンゼーに就職みたいな人は「若者は早く辞めてもいい」と言っているし、一方で、自身に3年以内の退職経験がない人は「辞めない方がいい。3年じゃ仕事の力は身につかない」という人が多い気がします。
どちらが正しいとかどちらが間違っているというわけではなくて、どちらのケースもあるというだけのこと。
大事なのは、様々なケースがあるけれど、自分と全く同じというケースはないのを知ることです。そして、最後は自分で決断し、決断には自分で責任を負うこと。これができれば、3年以内で辞めても、今の仕事を続けても、どちらでもいいと私は思っています。

早期離職と関連して、3月25日にSchooで授業を担当します。今回のテーマは「新入社員に告ぐ、こんなときはさっさと会社を辞めなさい」。
早期離職の専門家でありながら敢えて「さっさと辞めろ」と言いたくなる時についてお伝えします。当日はチャットを通じて質問等もお受けしますので、是非ご覧ください。

 

新入社員に告ぐ、こんなときはさっさと会社を辞めなさい
https://schoo.jp/class/1972

若手社員の定着率にお困りの方へ

入社後5年以内に退職した方々へインタビューとアンケート調査を実施し、退職理由の徹底調査を行いました。
「早期離職白書2013ダイジェスト版ダウンロード」が今なら無料でダウンロード可能です。

ダイジェスト版無料ダウンロード
こちらの記事もおすすめです。