経団連の就活ルール廃止で何が変わるのか、本当に就活と採用は変わるのか?

第一志望入社は3年以内に辞めない?早期離職率と第一志望入社率の関係

厚生労働省が最新データ発表 大卒新卒者の3年以内離職率は32.2%

電通へ深夜残業しないとできない仕事を要求した会社も公表すれば、長時間労働は減らせる。

新卒社員が3年で辞めるのは悪いことなのか?

7月21日(土)フード連合主催の食肉部会東日本労連労使懇談会の中で代表の井上が講演を行いました。

今回のテーマは「若者は企業のどこを似ているのか~若者目線から見た採用、早期離職の考え方~」。

早期離職の実態を中心に対策としての採用と定着支援のあり方を70分ほどでお伝えしました。

 

当日の参加者は労働組合の方々が半数、使用者側の方々が半数。人手不足や早期離職という問題は労使どちらにとっても大きな関心のある問題のため、参加者のみなさんも真剣な表情で聞いていました。講演後には参加者の方からの積極的な質問の場面も見られ、労使どちらの立場でも早期離職について高い関心があることがうかがえました。

 

 


カイラボでは早期離職対策や若手社員の定着支援に関する講演会やセミナーのご依頼を受け付けております。

これまでも、全国の企業、商工会議所、経営者団体、公共団体、労働組合などからご依頼をいただいております。内容やご予算の相談はお気軽に問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

若手社員の定着率にお困りの方へ

入社後5年以内に退職した方々へインタビューとアンケート調査を実施し、退職理由の徹底調査を行いました。
「早期離職白書2013ダイジェスト版ダウンロード」が今なら無料でダウンロード可能です。

ダイジェスト版無料ダウンロード
こちらの記事もおすすめです。