早期離職防止、定着率向上の研修、講演、コンサルティング

新人育成の肝であるOJTが抱える問題点と対策

皆さんの企業はどのような人材育成方法を実施していますか?

多くの企業が人材育成の一環としてOJTを実施していると思います。しかし、OJTのメリットだけを安易に捉えてしまい、そのまま実践しえしまっている企業も少なくはありません。

この場合OJTを実施しているにも関わらず、非効率な人材育成方法に陥ってしまう可能性があります。その為には、OJTのメリットだけではなく、デメリットや問題点を把握しておくことが大切です。

OJTを上手く実践していくためメリット・デメリット、OJTの問題点についての解説に加えて、OJTの問題点を補う人材育成方法「フーム&ワークモジュール」についてご紹介していきます。

OJTとは?

OJTとはOn-the-Job Training(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)の略称で、上司や先輩社員が新入社員に必要な知識やスキルを実際に職場の業務を通して教育・育成しする事で経験を養っていく方法です。

OJTのメリット・デメリット

メリット

OJTのメリットとしては以下のような点が挙げられます。

・仕事に直結するトレーニングができる
・外部講師や研修参加費などの費用がかからない
・OJTを通して先輩社員と新入社員の人間関係が築ける
・個人の習熟度に合わせて教育できる
・先輩社員が初歩的な経験や復習ができるのに加えて、教育することで対象業務の理解を深める

OJTはメリットが多いため、様々な企業が人材育成で取り組んでいます。

実際の業務に取り掛かりながら教育するため、仕事に直結した業務内容を習得でき、早期に即戦力を育成するのに適しています。

デメリット

・先輩社員の時間的な負担が大きい
・先輩社員の能力や時間によって、教育の質や量に差が出る
・業務の繁閑によって、学習の進み具合に影響が出る(局所的また、短期的な教育となり、体系的に学習することが難しい)
・人材育成の計画書や報告書作成の手間がかかる
・新入社員の育成が現場任せになる(会社側での管理やフォローが疎かになる)

OJTは正しく運用すればメリットは大きい一方で、先輩社員の能力や時間によって教育に差が出たり、先輩社員の負荷が大きくなる等の課題があります。

OJTの問題点

OJTは仕事に直結したトレーニングができる、優れた教育指導法だと考えられています。

しかし、実際の現場では以下の問題点があげられ、先輩社員や新入社員にとってもリスクがあります。

① 指導者によって教え方や内容が異なる
②「教わった・教わっていない」事態が生じる
③ 人によって「解釈」が異なる
④ マニュアル(明文化、統一された教材)と比較して、指導者によって受講者の能力に差が生じやすい

この観点から見ると、「OJTだけでは効率よく効果的な人材育成はできない」と考えられます。確かに、OJTだけでは補えない部分があるのは事実です。

OJTの問題点を補う人材育成方法【フレーム&ワークモジュール】

OJTのメリットを活かしながら、OJTの問題点を補う人材育成・指導方法として「フレーム&ワークモジュール」という方法があります。6つのステップで業務内容を視覚化・モジュール化し、チェックリストにして実践します。

①視覚化 : 業務を視覚化する

②モジュール化 : 視覚化した業務をモジュール化(分化)する

③フレーム化 : モジュール化した業務で無駄な作業があれば削除し、業務の手順を最適にする。

④チェックリスト化 : フレーム化して最適な業務の手順を、簡潔な言葉でチェックリストにする

⑤ワーク&PDCA : チェックリストを実践活用し、PDCA(Plan〔計画〕→Do〔実行〕→Check〔評価〕→Act〔改善〕の4段階)を回す。

⑥ナレッジミーティング : PDCAでの気付き・ナレッジ・ノウハウを、ミーティングや会議などで全員に共有する

⑦データ蓄積 : ミーティングや会議で得た、全員の気付きやナレッジ・ノウハウを蓄積する。加えて、チェックリストもバージョンアップする。

チェックリストで視覚化することによって、OJTでは口頭で伝えていた内容が文章になっており、「教わった・教わっていない」トラブルがなく「見れば分かる」ため、指導者が原因で内容が異なったり、能力によって差がでません。

まとめ

今回は、OJTを上手く実践していくためのメリット・デメリット、OJTの問題点に加えて、OJTの問題点を補う人材育成方法をご紹介してきました。

OJTを上手く活用できれば大きな効果を期待できます。しかし、問題点を改善しないまま実践してしまうと新入社員が育たず、最悪の場合は退職に繋がってしまうかもしれません。そのためには、OJTのメリットだけではなく、デメリットや問題点も捉えて考え、改善することが大切です。

今回ご紹介した「フレーム&ワークモジュール」はOJTのメリットを活かしながら問題点を補うことが可能です。

是非自社が抱えるOJTの問題点を照らし合わせながら、改善するための方法としてご活用ください。

投稿者

編集部
編集部

早期離職対策の株式会社カイラボ 編集部です。
採用、育成、定着の3つの観点から様々な情報をご提供します。